燃費の良い走り方|お金をかけずに今すぐ出来る方法

燃費を良くしたいけど、グッズを買ってまでやろうとは
思わない、忙しくてグッズを買いに言っている暇がない
という人のために無料ですぐにでも出来る方法
を紹介します。

運転方法をちょっと変えるだけでも燃費は良くなります。
何にも考えないで運転していれば、ガソリンの減りが早く
なるのは当然ですよね。

  1. アクセルはゆっくり踏む
  2. アクセルを早く踏むと急加速となり、ゆっくり踏んだ
    ときに比べ多くのガソリンを使います。

  3. アイドリングストップをする
  4. アイドリングストップを上手く利用すると約14%
    燃費が向上すると言われています。

    エンジンを止めて、再び始動させるときに燃料が
    必要となりますが、そのとき使われる燃料は
    5秒間エンジンを停止したときに節約される燃料の
    量とほぼ同じです。

    つまり、5秒以上車を停車するときは、アイドリング
    ストップをしたほうが燃料の減りが少なくなります。

  5. 急ブレーキを踏まない
  6. 急ブレーキは多くのエネルギーを消費します。
    スピードを出すために使ったエネルギーを全部消して
    再び加速するのに燃料を使うわけですからね。

  7. 車に乗っている荷物を減らす
  8. 当然ながら、軽い荷物を運ぶよりも、重い荷物を運ぶ
    ほうが多くの力を必要とします。発進するときや、
    坂道を登るときには大きな差が出ます。
    必要の無い荷物は降ろしましょう。

  9. エアコンの使用を減らす
  10. エアコンや電装品をつけるために必要な電気は、
    エンジンの力で発電しています。

    エアコンや電装品を使えば使うほど、燃料の減りは
    早くなります。寒さはどうしようもないですが、
    ちょっと暑いときなどは、すぐにエアコンをつける
    のではなく、窓を開けて対応しましょう。

トップへ戻る

関連記事

関連記事がありません。