エンジンオイルを交換しないと燃費が悪くなる|交換時期を確認

エンジンオイルを定期的に交換しないと、燃費が悪く
なります。エンジンオイルは車を使えば使うほど、
時期がたてばたつほど劣化してきます。

すると、エンジンオイルの役目が果たせなくなり燃費
が悪くなるのです。

エンジンオイルの役割

  1. エンジン内部の金属同士の摩擦を減らす潤滑作用。
  2. エンジン内部の隙間に入り、気密性を保つ作用。
  3. エンジンから発生した熱を逃がす冷却作用。
  4. エンジン内部に汚れ、異物を取り除く清掃作用。

この役割の中で特に燃費に影響するのが潤滑作用です。
潤滑作用が低下してしまうと、エンジンを動きが悪くなる
ため、余計な力が必要となります。その分ガソリンの消費量
が増えるので燃費が悪くなります。

潤滑作用以外の役割もエンジンを長持ちさせるために
とても重要ですので、エンジンオイルは定期手的に交換しま
しょう。

走行距離が少ないからと言って交換しない人がいますが
エンジンオイルは、空気に触れるだけでも劣化
するので一定期間で交換しましょう。

エンジンオイルの交換目安は、走行距離5000km~6000km。
走行距離が少ない場合は6ヶ月くらいです。
交換は、ディーラーやカー用品店、ガソリンスタンドで行えます。

トップへ戻る

関連記事

関連記事がありません。