燃費を上げるアクセル操作|我慢することが重要

燃費を良くするために身に付けておきたいのが上手い
加速方法です。簡単に言えば
アクセルの踏み方
です。アクセルの踏み方
を変えるだけで、燃費がかなり良くなります。

アクセルを踏む前に、『アクセルを踏む必要があるか?』
と自分に問いかけてください。

例えば、信号の手前。赤信号なのにアクセルを踏む必要
があるのか? や赤信号になりそうだから、アクセルから
足を離したほうがいいのでは?などです。

信号が赤になりそうかどうかを判断するには、走っている
道路と垂直に交わる道路の歩行者用信号が目安になり
ます。もし点滅していたら、そろそろ赤に変わるというサイン
になりますよね。

また、赤信号で止まっていて、青になった瞬間に急加速を
する人がいますが、これも燃費が悪くなるので避けましょう。
せっかく、スピードを上げても、また赤信号でスピードを
落とすことになったらガソリンを無駄にしますからね。

車が上手く流れていると きは、徐々に加速していきましょう。
アクセルを踏みすぎて制限速度を越えてはいけません。
スピードが出すぎてしまい、ブレーキを踏んで速度を落とす
のは燃費の無駄ですからね。

一定速度のときは、アクセルを一定の力で踏み続けましょう。
アクセルを踏んだり、離したりしていると燃費は悪くなります。

アクセルはどうしても強く踏みたくなってしまいますよね。
でも、燃費を良くするためには、軽く踏む、一定の力で
踏むなど我慢が必要になります。

トップへ戻る

関連記事

関連記事がありません。